施術の特徴を抑えてから選択をすることによって

サイトメニュー

一日で切除できる

鏡を見る女性

基本なことと医療機関の選び方を説明します

いぼを切除する手術は、日帰りででき、手術時間は一概には言えませんが15〜30分程度で済む場合が少なくありません。手術する日も医療機関側で問題がなければ、自分の都合がいい日を指定することができるので、社会人でも切除しやすい状況です。いぼを切除する前に、問診そして視診や触診などを行い、どういった風に切除するのがいいのかを医師が判断します。必要に応じて、ダーモスコピー(特殊な顕微鏡)など使ったり採血をしたりして、どのように手術するのがいいのかを決めます。血の固まりを排出する管であるドレーンを入れている場合、術後1日〜2日を目安に医療機関に行き、除去してもらうことになるでしょう。そのような特別な事情がなければ、術後1週間をめどに抜糸を行い、1〜3か月をめどに経過確認のため医療機関に行きます。運動は抜糸をするまで避けた方がいいですが、日常生活に関しては特に制限を設けられと言うことは基本的にないです。術後の状況や切除したいぼの大きさなどにより異なりますが、シャワーを浴びることは手術当日から行うことができます。

いぼを切除した後に何回か医療機関に行く必要があるので、ある程度通いやすい所を選んだ方がいいでしょう。特に仕事が忙しい人の場合、取引先の都合などにより、予定した日に医療機関に行くことができなくなると言うことも珍しいことではありません。可能性として、術後になんらかの問題が発生することが考えられ、医療機関に行けないと症状が悪化することがあります。悪性が良性かを判断することを目的とした、病理組織検査の結果を確認するのが遅くなってしまうこともあるでしょう。いぼの手術した経験が多ければ多い程、より仕上がりが綺麗になりまた術後のトラブルが起きる確率が下げられる、ことが期待できます。目安として1週間に一回程度以上、つまり一年間でおおよそ50回以上手術している先生に切除してもらうと、安心だと言えるのではないでしょうか。また、失礼の無い感じで直接医師に今までにどれだけ実績があるのかなどのことを、聞いてみるのもいい判断材料になります。それは自信がある先生ほどつつみ隠さず話してくれると言われていて、話している際にそれとなく医師の腕を理解できるからです。

Copyright© 2019 施術の特徴を抑えてから選択をすることによって All Rights Reserved.